シニアのキャリア開発

「シニアと企業をマッチング」東京都の取り組み

ニュース「ゆうがたサテライト」にて、東京セカンドキャリア塾の開講式の模様が取材されました。

内閣府の調査では「何歳まで働きたい?」のアンケートに対し、「働けるうちはいつまでも」と答えた方が全体の42%、「70歳ころまで」22%、「75歳ころ」11%と回答されています。

東京都は、65歳以上の方々を対象に週1回程度、無料で面談テクニックなどの講座を実施し、再就職の支援も行う予定です。

小池都知事は「人生100年時代と言われています。様々な経験を、更にもうワンステップ新しいものにして頂く」「新たな仕事にチャレンジをして頂くことにもなろうかと思います」と、東京セカンドキャリア塾の開講宣言を述べられていました。

東京都は2022年までの60歳代の職業に就いている人の割合を、56%まで引き上げる目標を掲げています。

YouTube動画

(10月3日放映 テレビ東京「ゆうがたサテライト」) YouTubeチャンネルへ
東京セカンドキャリア