活躍するシニアたち

Interview01.日本エマージェンシーアシスタンス社の事例

シニアのお客様への対応は、同じシニア世代のほうが安心ですね


日本エマージェンシーアシスタンス株式会社は現在、海外の約1万の医療機関や2千を超える様々なプロバイダーをネットワークして、24時間365日、海外出張や旅行中のお客様からの様々な問い合わせ、相談に対応。
お客様に「安心・心地よさ・楽しみ」を提供する縁の下の力持ちとして、日々サービスを提供しています。

総務人事部部長 橋本氏にお話を伺いました。

総務人事部部長 橋本亜井氏

― 今回、東京キャリア・トライアル65に
参画された理由をお聞かせください。

 

率直に「人手不足」が理由です。人の採用には苦慮していて、特にコールセンター業務は人の出入りが多く、中でも日本語と外国語が話せるバイリンガルの方を採用するのは本当に困難です。

採用が難しい若い人材を採用するより、バイリンガルで経験豊富なシニアで良い人材がいないかと探し始めていたのですが、丁度このサービスがスタートしたことを知ったのがきっかけです。

― 採用されたシニアの方はどんな仕事をしているのですか?

コールセンター業務のなかでも、特に「ゴルフ」に特化したコンシェルジュとして、お客様からのお電話に対応をしてもらっています。
シニアの方は経験が豊富で、例えばお客様からパッと地名を言われた時もすぐに対応できたり、会話に詰まるようなことがありません。当社のお客様はシニアの富裕層の方が多いので、安心してコールセンター業務をお願いすることが出来ます。

― ではシニア人材に期待も大きいということですね?

そうですね。お客様にとっては同世代の対応が安堵感を持つようですね。今後もシニア人材には期待しています。

新しい知識を吸収しなくてはならないので、毎日が勉強です(笑)

シニア就労者 岡本隆志さん(66歳)にお話を伺いました。

シニア就労者 岡本隆志さん

― 以前のお仕事を教えてください。

40年間、外資系のケミカル会社で営業をしておりました。元々はヨーロッパやアメリカへの出張が多かったのですが、後半の10年ぐらいは経済の飛躍が目覚ましいアジアへの出張が増えました。最終的には営業取締役だったんですが、昨年12月に退職しました。

― 今回新たに働き始めて、いかがでしょうか?

10か月くらいブランクがあったんですが、毎日本当に新鮮に感じています。前職を退職してからウォーキングやジムのトレーニングはやっていたんですが、仕事となるとやはり使うところが違いますからね(笑)

― 以前のお仕事が役に立っている部分はありますか?

以前は外資の営業でしたので英語が必須でしたし、いろいろな国に出張に出かけていました。ですから、海外でもある程度は土地勘があるのが役に立っています。

― 就労して、若い社員の方との
コミュニケーションはいかがですか?

皆さんとにかく知識が豊富なので、提供しているサービスの質が本当に高いですし、若い方にいろいろと教えていただいているという感じです。私もそれなりに経験はしてきたつもりですが、あらためて調べたり、新しい知識を吸収しなくてはならないので、毎日が勉強ですね。

― 同じ65歳以上の方にひと言お願いします

退職後インターネットで仕事検索をしていたんですが、ホワイトカラーの仕事はなかなか見つからなかったです。今回はホワイトカラーの仕事の斡旋ということで、皆さんもこういった機会を活かしたら良いのではと思います。


アデコ株式会社 「東京キャリア・トライアル65」事務局
〒160-0023 東京都新宿区西新宿 1-22-2 新宿サンエービル6階

※当事業は東京都より委託を受け、アデコ株式会社が運営しています。

お電話でのご相談・お申込み

0120-112-879

受付時間:平日9:00-18:00

メールでのご相談・お申込み

お申込み・お問い合わせ